So-net無料ブログ作成

椎間板ヘルニア奮闘記 手術 [腰痛物語]

ついに手術の日。

よく眠ることができた。

手術は13時開始の予定。 

朝0時から絶食、10時からは水分も禁止。手術中に胃の中に何かあると逆流して肺炎等を引き起こす可能性があるからと説明があった。食事は18時の夕食、水分は7時過ぎに少しとってから摂らなかった。 

午前中はとにかく暇。筆ペンで字の練習をして過ごす(点滴もなし)。

10時過ぎに開始時間が30分遅れることが伝えられる。手術前にすることといえばエコノミークラス症候群防止のための医療用(弾性)ストッキングをはくだけ。 ひたすら文字を書いていた。

12時30分に家族(家内、両親)が来室。13時すぎに呼び出しがあり、ストレッチャーで手術室へ。

手術室に入る。かなり広く、だいぶ奥のスペースまで移動した。麻酔医師と担当看護師から挨拶をうける。麻酔医師が点滴できる場所を探り始める。(ここで覚悟を決め目を閉じた) その後マスクが取り付けられ、深呼吸を求められる。点滴が入り少しすると意識がなくなる。

目が覚めた時には呼吸用管が入っており、苦しいがすぐに抜いてくれる。喉が少し、いがらっぽいが、体全体痛みはない。目ヤニのためか、目が見にくい。

「成功しましたよ。 」との言葉をいただき、「今何時ですか?」「18時30分です」「・・・・」そうです2時間の予定が5時間かかったようです。部屋に戻り、主治医が、「出血も少なく、大きいのが取れました」とホルマリン漬けの摘出物を見せてくれた。

手術は終わった。 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。