So-net無料ブログ作成
検索選択

椎間板ヘルニア奮闘記 入院の日 [腰痛物語]

当日は天気も良く、気温も高め。

荷物が多かったので、前日に病院のコインロッカーに入れておいたため、キャリーバック1つで臨んだ。 

10時過ぎに受付するように求められており、自宅を9時過ぎにでる。

仕事始めの日であり、電車の混雑具合が気になったが、空いていて座ることができた。途中のコンビニで最後の買い物をして病院受付に。前回と異なり、受付待ちで10名程度。座るところもない状況。手続きに40分くらいかかりました。

その後、部屋に入り 、荷物の整理や着替えを行いながら、いろいろと対応があった。 午前中は、手術担当看護師のあいさつ(説明)、採血、担当医挨拶。昼食後、リハビリ(現状筋力、歩行速度等の確認)、レントゲン、麻酔医師挨拶、薬剤師挨拶、麻酔医師からの説明、主治医からの説明、科長回診と意外と忙しかった。

麻酔医師との面会の際、痛みを最小限にしてもらうことを懇願し、手術終了時に硬膜外ブロックを打ってもらうことになる。

先生の指示で家内と主治医の説明を聞く、年末のMRI撮影結果、ヘルニアの大きさは前回と変わっていない。今回は、体格が良いので(デブ)のため、顕微鏡ではなく、内視鏡で対応すること告げられた。時間は2時間程度。確率は低いが、合併症(床ずれ、頭痛他)の説明があり、最後に誓約書にサインをして終わった。

20時ごろに科長の回診があり、科長から「まだ止められますよ」との投げかけがあり、少しぐらっとしたが、「手術よろしくお願いいたします。」と回答し、あとは天命を待つのみとなった。 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。